訪問による嚥下内視鏡検査にも対応します

訪問による嚥下内視鏡検査にも対応します

嚥下内視鏡(VE)検査とは、約3mmの小さな内視鏡カメラを鼻から挿入し、その内視鏡カメラで食べたものの状況を確認する検査です。訪問歯科診療を行っている「ラムザ歯科サポート」では、持ち運び可能な嚥下内視鏡を用いた訪問検査も行っております。

嚥下内視鏡(VE)検査の内容

嚥下内視鏡(VE)検査の内容

検査ではまず、嚥下(飲み込み)に関する問診を行います。日常的に食べている食品において、たとえば「ほうれん草は残るような感じがするが、プリンなら問題なく食べられる」といったような普段食べているものによる感覚の違いをうかがい、嚥下の状況を把握します。

続いて、口に入れた食品がどの程度まで咀嚼されているのか、唾液はどの程度混ざっているのかなど、口から喉へ運ばれた食塊(食べものが咀嚼されて飲み込みやすくなった状態)を実際に嚥下内視鏡で目視し、その様子をチェックします。さらに食べものだけでなく、口から喉にかけてたまっている唾液の様子や口から喉の汚れ具合なども診察します。

嚥下内視鏡検査の動画はこちらから

こんな方におすすめです

以下のようなお悩みがある方は、嚥下内視鏡(VE)検査をご検討ください。

  • 食形態を、現状のものから変更したい方
  • 食事や水分を口に含んだりうがいをしたりしたときにむせてしまう方
  • 湿性嗄声で声がかすれていて、痰がからんだような湿った音がする方
  • しばしば発熱がある方
  • 体重の減少が気になっている方、元気が出ない方
  • 口腔内にいつも食物残渣が多く残ってしまう方
  • 食事に長く時間がかかってしまう方
  • 胃瘻(胃ろう)をしているが経口摂取をしたいという希望がある方

また、このようなお悩みを持つ利用者の方を抱えている施設の経営者・スタッフの方々にも、ぜひご検討いただきたいと思います。

訪問日や費用について

在宅・施設などで療養されており、疾病・傷病のため歯科医院に通院することが難しく、かつ摂食・嚥下障害が疑われる方は、当社が提供する訪問嚥下内視鏡(VE)検査サービスをご利用いただけます。訪問日や費用につきましては、下記の通りとなっております。

訪問日

訪問日:月曜日、火曜日の午後、木曜日

費用

VE検査1回につき約2,000~3,000円(医療保険1割負担の場合)

介護認定を受けている方の場合は、一部介護保険が適用されます。詳細につきましては、担当医におたずねください。

訪問嚥下内視鏡(VE)検査サービスに関するお問い合わせは、メールフォームからお願いいたします。